月のような輝き!6月の誕生石ムーンストーン

moonstone_1

6月の誕生石であるムーンストーン。

パワーストーンとしても有名で、ムーンストーンがもたらすと言われる効果や、歴史なども気になりますよね。
そこで今回は、ムーンストーンがどんな魅力を秘めている石なのかをたっぷりとご紹介します。

ムーンストーンの歴史宝石言葉などの豆知識と一緒に、上手な選び方などもお届けします。

ムーンストーンはどんな宝石?

まずは、ムーンストーンの基本情報や豆知識をご紹介しましょう。
見た目の特徴や宝石言葉などの知識を深めて、6月生まれでない方もムーンストーンの魅力を知るきっかけにしてみてください。

ムーンストーンの特徴

神秘的な名前と、まるで月のような独特の輝きが特徴の石で、6月の誕生石として知られています。

和名は、月長石(げっちょうせき)で、長石と呼ばれる鉱物グループの一種
石の表面にまるで月のような神秘的な光が浮かび上がることが由来して、ムーンストーンと名付けられたという説があります。
この月のような光の筋をシラーと呼び、シラーがある部分とない部分があるため、個体差があるのも特徴です。

見た目は、乳白色で半透明なものが代表的ですが、なかには青みがかったもの、オレンジのようなものなど、石によって違いがあります。
青みがかったものはブルームーンストーン、オレンジがかったものはオレンジムーンストーンといったように、個体の色によって違う名称で呼ばれることもある石です。

ムーンストーンの宝石言葉

花言葉のように、宝石にもそれぞれに宝石言葉があります。

6月の誕生石として有名なムーンストーンの宝石言葉は、主に「恋の予感」「幸福」「健康」など。
また、「旅の安全」「感情の緩和」など、多くの宝石言葉を持っています。

ムーンストーンがもたらす効果

月は女性を象徴するシンボルとされることも多く、ムーンストーンを身に着けることで、より女性らしく、美しくなれると考えられています。

中世のヨーロッパでは、恋人へのプレゼントとしても重宝され、愛情を豊かにしたり情熱を誘ったりと、恋愛を成就させるための効果が期待できることでも知られていました。
また、日々変化する感情を穏やかにしてくれる石とも言われています。

自浄能力が高く、周囲からの影響を受けにくいので、イライラしているときや人間関係に悩んでいるときなどにもおすすめです。

さらに、暗い夜を明るく照らす月は、旅の道しるべのような役割があると考えられ、ムーンストーンは旅の安全を守ってくれる石としても知られています。

ムーンストーンの原産地

6月の誕生石、ムーンストーンの主な原産地は、スリランカインドで、比較的透明度の高いムーンストーンが採掘されるのだそうです。

なかには、虹色に輝くレインボームーンと言われる希少性の高いムーンストーンが採掘されることもあります。
ほかにも、ミャンマーやタンザニアなどもムーンストーンの原産地です。

ムーンストーンの歴史と伝説

ムーンストーン

6月の誕生石であるムーンストーンの概要がわかったところで、続いてはその歴史や伝説をのぞいてみましょう。

ムーンストーンの歴史

現代では、6月の誕生石として有名ですが、ムーンストーンが人々に知られるようになったのは、紀元前1世紀ごろと言われており、長い歴史を持つ石です。

月の満ち欠けによってムーンストーンの大きさも違って見えることから、ギリシア語の月という意味をもつ「セレニテス」と呼ばれていたこともあったのだとか。

満ち欠けをして姿を変える神秘的な月は、古くから女神のシンボルとされており、女性らしさをより引き立てる石としても重宝されていたようです。
19世紀後半ごろには、美術工芸時代の職人などがムーンストーンの輝きに魅了され、多くの作品を世に送り出したとも言われています。
1960年代以降には、ヒッピーに注目されたり有名デザイナーからの支持を得たりと、時代を超えて人気がある石です。

ムーンストーンの伝説

その昔、ムーンストーンの神秘的な輝きを見た人々は、月の光が封印されていると考えていました。

古代インドでは、聖なる石として崇められており、聖職者が身につけたり、豊作を願って農具にぶら下げたりと、幅広いシーンで重宝されていたようです。
また、中世のフランスでは、ムーンストーンを満月の夜に口に含んで、未来を予知していたという伝説もあります。

ムーンストーンの選び方のコツは?

ムーンストーンは、石によって違った輝きを楽しむことができます。

より素敵なムーンストーンを手に入れるために、上手な選び方をご紹介しましょう。

透明度が高い石を選ぼう

ムーンストーンは、透明度が高いほど美しく、質が良いとされています。

石全体をじっくり見て、透明度がどのくらいなのかを見極めてみてください。
ものによっては、ムカデと呼ばれる裂け目があるムーンストーンがあるので注意が必用です。

できるだけムカデがない、透き通ったムーンストーンを選びましょう。
ムーンストーンの美しい輝きを際立出せるには、ダイヤモンドとコラボレーションしたアイテムがおすすめです。
ムーンストーンを囲むようにダイヤモンドが配置されたネックレスは、均整のとれた輝きです。

さらに、ムーンストーンとダイヤモンドが、デコルテをより女性らしく彩ってくれるでしょう。
6月生まれの方へのプレゼントとして、ムーンストーンとダイヤモンドのネックレスをチョイスしてみるのも素敵です。

おすすめジュエリー:

石に入った光(シラー)を見てみよう

ムーンストーンの特徴のひとつ、シラーの入り具合にも注意を払って選んでみてください。
シラーが少ないムーンストーンは、美しさに欠けるとされています。
ムーンストーンを傾けた際、シラーがなめらかに動くものを選ぶと、シラーが十分に入った美しい輝きを放つ良質なムーンストーンを選べるはずです。

ムーンストーンのお手入れ方法

ムーンストーン画像

ムーンストーンは、圧迫に弱い繊細な石です。

強い力を加えると、裂け目ができやすく、割れてしまうこともあります。
そのため、日々のお手入れではスチーム洗浄や超音波洗浄を避け、柔らかい布を使って拭くのが基本です。

除光液フッ素が含まれた薬品などを用いるのも避けましょう。

汚れがひどい場合などには、プロにお手入れをお願いするのがおすすめです。
また、急激な温度変化にも弱いため、保管場所や身に着ける際にも気を配りましょう。

まとめ

古くからたくさんの人々に愛されてきた6月の誕生石、ムーンストーン。
まるで月のような神秘的な輝きと美しさが魅力的な石です。
恋愛や健康といったさまざまなパワーを与えてくれると言われるムーンストーンを使ったジュエリーを、ぜひ身に着けてみてくださいね。

運営者情報

監修・運営者株式会社 ジュエル フジミ
住所〒595-0062 大阪府泉大津市田中町5番15号フジミビル2F
お問い合わせTEL : 0725-22-2688